読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりよりみちきっぷ

考えた事や実施したことをのんびりと。

【不満】郵便局との電話のやりとり もう少し融通が利くと思った。。。

こんにちは。

先日郵便局で年賀状を購入しました。

この郵便局は市の中心部にあるのでそこそこ大きな郵便局ですね。

 

年賀状は仮設の窓口で販売されており、今回はインクジェットタイプを70枚購入しました。

f:id:yorimichi_ticket:20161219183413j:plain

 

で、翌日印刷しようと思って封を開けて見ると、10枚足りない。。。

がーん。

5回くらい数え直しました。

 

購入した時に、「それぞれの袋には10枚、10枚、50枚入っていますので」って言われて購入したんですが、その50枚の袋の中には40枚しか入っていませんでした(_ _;)

 

「あー、もう面倒臭いなぁ」って感じで、とりあえず購入した郵便局に電話してみます。

 

電話の前のこちらの期待

  • 他のお客さんからも同じクレームが入っているのでは?
  • 領収書もあるしその情報伝えればすぐ理解してもらえるのでは??
  • 配達員の人が日々周辺を回っているし、不足分を届けてくれるのでは???

 

早速電話をし、内容を伝えます。

すると、再度掛け直しますとのことでした。

その後のやりとりが以下の通り。

 

窓口(女性):ハガキは手元にございますか。

私:あります。袋からは出してしまいましたけど。(当然か)

 

窓口(女性):領収書はございますか。

私:あります。(お、いい感じ)

 

窓口(女性):ハガキのタイプはインクジェットではなかったでしょうか。

私:そうです!

 

窓口(女性):キャラクターのような。

私:はい!ミッキーが書かれています!(なんだわかってるじゃないか!)

 

窓口(女性):お手数ですが、窓口までハガキと領収書をお持ちいただけますか。

私:・・・(えーーー) 

私:配達員の人がハガキ持って来てもらえませんかね。。。いつも回っているじゃないですか。

 

窓口(女性):少々お持ちください。

 

 

窓口(男性):お電話代わりました○○です。

私:(なんだよ上司か??)

私:窓口まで行くの大変なんで配達員の人に確認してもらいたいんですけど。

 

窓口(男性):すみませんが、窓口と配達の役割が違うので配達の者では対応できなくて。

私:配達の人が確認すればいいだけの話じゃないですか。

 

窓口(男性):窓口での確認になってしまいまうんですよね。

私:んじゃ、ハガキの番号言いますよ。あと領収書も写真で送りますよ!

 

窓口(男性):現物の確認が必要になってしまうんで。

私:・・・(配達員でも現物確認できるっしょ。また窓口ってか)

私:・・・(沈黙) 

私:こうゆう電話他に入っていないんですか?

 

窓口(男性):今回が初めてになりますね。

私:・・・(何言ってもだめそう)

私:じゃぁわかりました。行かないかもしんないですけど。

 

窓口(男性):はい、よろしくお願いします。すみませんでした。

私:はい(ガチャ)

 

最後の謝罪は「言いたくないけど、業務上振り絞って声に出した」って感じでした(^^;)

何も言われないよりはよかったですけど。

 

結局のところ

  • 他のお客さんからの同様のクレーム無し。
  • ハガキと領収書の現物の確認が必要。
  • 現物の確認は窓口に出向くことが必須で、配達員に確認させることも不足分を持って来てもらうことも不可能。

ということでした。

 

電話で聞き逃した疑問点二つの個人的な解釈

疑問1,なぜ不足が発生するようなことがあるのか 。

 →入っている袋がバーコードや柄が無く完全に透明な袋ということから、局員が手作業で50枚分の小分けし、その際に数え間違ったのでは。

 

疑問2,なぜ手元のハガキの種類(インクジェット、キャラクター)が分かったのか。

→手作業で小分けしたタイプを把握していたからなのでは。

 

これが正しいとすれば、郵便局側は「枚数不足が起きてもおかしくはない」と考えていながら、「現物の確認は必須」と判断した訳ですよね。

もうちょっと融通きかせてくれても良さそうですけどね。

 

郵便局の対応に期待をし過ぎてしまっていたせいか、ちょっと残念でしたね。

 

ちなみにこの郵便局の口コミは、星1.3で良いコメントは書かれていませんでした、他の人も似たようなことを思っているのかもしれませんね(^^;)

 

 

しかしまぁ、不足分の10枚をどうしますかね。

520円のために窓口まで行くかどうか、土日しか行けないし郵便局が少し遠いので迷いますね。