読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりよりみちきっぷ

考えた事や実施したことをのんびりと。

口腔外科手術の抜糸。

矯正

こんにちは。

こちらの記事で埋伏歯に矯正器具を取り付けるための手術をしたことを書きました。

今回はその続きで抜糸の状況埋伏歯を引っ張り出す処置のことを書こうと思います。 

yorimichi-ticket.hatenablog.com

 

抜糸のこと

縫い付けられていた糸は2本だったと思いますが、1分くらいで処置は完了しました。

ハサミで糸を切りながらピンセットで抜いているようで、スルスルっと抜けて全く痛みはありませんでした。

当然麻酔も無しで緊張の必要もありませんでしたね。

糸が無くなっただけで相当すっきりしました。

これまでは食事後に糸が少し垂れてきて気になっていたんですが、それが全く無くなりました。

抜糸までは糸が気になってしまう人も多いと思いますが、引っ張ったり触ったりしないほうが良さそうですね。微妙な厚みの歯肉に糸が縫い付けられている場所もあるかもしれませんから。

f:id:yorimichi_ticket:20170124193037j:plain

 

埋伏歯のこと 

抜糸が完了したので埋伏歯を引っ張る処置をしてきました。

 

手術や抜糸は口腔外科でしたが、これからは矯正歯科に通院です。

口の中の装置に、手術で取り付けた器具のワイヤーを取り付けて徐々に引っ張り出していきます。

 

上顎のどこからかワイヤーが出ているはずですが、うまくやってもらえているのか全く引っ張っている場所がわかりません。

口の中の写真を撮ってみても裏側なので見えませんし。

口腔外科の先生も、矯正歯科の先生も「すぐに出てくると思うけどね」ということを言っていたので大丈夫だと思うのですが。。。

少しでも埋まっている歯の一部が見えてくるとなんとなく嬉しいですね。

それまでは気長に待とうと思います。

 

矯正装置のこと

以前、「矯正装置が違和感だらけで挫折しそう」という記事を書きましたが、2週間経過した今は装置にかなり慣れてきました。

まだまだ装置に食べかすが挟まってしまったり、口内炎が出来たりと不便はありますが以前ほど気にならなくなりましたね。

 

その時の記事はこちらです。

yorimichi-ticket.hatenablog.com

 

この時は本当に嫌になりそうでしたが、2週間もすれば慣れるもんですね。。。笑

 

矯正関係の記事はこちら

広告を非表示にする